Nestlé 社がThe Bountiful Companyのコアブランドを買収、ほか|GNGグローバルニュース2021年5月12日号

こんにちは、GNGの和泉です。

現在、様々な乳製品ブランドがプラントベース市場に参入しており、今号でも関連ニュースを取り上げています。

そんな中、Nestle社もエンドウ豆ベースの代替乳ブランドWundaの立ち上げを発表しました。ロイターの記事によると、エンドウ豆由来の乳代替品は一般的に味に問題があると言われていますが、同社が実施したプロトタイプのブラインドテストでは、ビーガンの61%が同ブランド飲料は他の飲料よりも好ましいと回答したということです。

さらにWundaは、同社のサステナブルな乳製品やプラントベースの乳代替品のイノベーションと市場投入までの時間を短縮するためのR&Dアクセラレータプログラムに基づき、わずか6ヶ月という短期間で開発、製造されたということです。
目まぐるしく移り変わる消費者トレンドに対応するため、大企業もスタートアップと同様、開発のスピードアップが求められていることが分かります。
今後、プラントベース代替乳市場がさらに激化していくのは間違いないでしょう。

さて、皆様がご存知の通り、世界中でワクチンが普及しつつあるとはいえ、COVID-19パンデミックの影響は色濃く残っています。
個人的に盲点だったのですが、パンデミックによって米国で大きな打撃を受けた商品群がスーパーのレジの前にほぼ必ず並んでいる小袋タイプのキャンディやガムやグミだったそうです。
これらは、会計するために列に並んで待っている人が「ついでに買おう」と衝動的に買い物カゴに放り込むことを目的とした商品群です。パンデミックの影響で、米国では多くの消費者がオンラインで買い物をするようになり、スーパーへ行ったとしても、会計をなるべく早く済ませるために棚を素通りするようになったのだそうです。

さらに人と顔を合わせる機会が大幅に減ったせいで、以前のようにミントキャンディやガムの需要自体が減っていることも要因です。
これらの商品の売上は2019年と比べ15%ほど下がっていると言われており、米国の有名なキャンディやガムメーカーは現在対策に奔走しているのだそうです。Hershey社はマスク時の口臭対策としてミントを売り込む「Mint before you mask」キャンペーンなども行ってきました。
現在、米国の消費者はパンデミックから抜け出しつつあるようですが、パンデミック収束後はまたレジ前での衝動買いが復活していくのか、気になるところです。

(株)グローバルニュートリショングループ 和泉 美弥子

この記事について

GNGでは、会員向けに世界各国の健康・食・栄養に関するニュースをセレクトし、日本語に要約したものを月に2回、ニューズレター「GNGグローバルニュース」として配信しています。

本日配信したグローバルニュースでは、英国の乳製品企業がプラントベース市場に続々参入、COVID-19関連肺炎に対しプロバイオティクスが有効である可能性、タイ、韓国、中国の食品・栄養補助食品分野における規制の進展など14の記事を取り上げています。

この記事では、その会員向けニューズレターの一部を抜粋してご紹介させていただきます。

……グローバルニュートリション研究会 会員企業様は、会員サイトにて、すべての記事をお読みいただけます。

会員の方はこちら お問合せはこちら

■GNGグローバルニュース 2021年5月12日号 トピックス

●パレオとビーガンを組み合わせたピーガンダイエットが再注目を浴びる
●英国の乳製品企業がプラントベース市場に続々参入
●酪農協同組合のArlaが提携酪農家のCO2フットプリントを計測するClimate Checksを開発
●Nestlé 社が新しいエンドウ豆ベースの代替乳ブランドを発売
●COVID-19関連肺炎に対しプロバイオティクスが有効である可能性
●Naturex社の「Turmipure GOLD」の生物学的利用能は、標準ターメリックエキスの24倍
●プレバイオティクスが若い女性のメンタルヘルスを改善する可能性
●代替ベーコンを開発するスタートアップ企業のAtlast Food 社が40百万ドルの資金調達に成功
●Unilever社がOnnit社を買収
●Nestlé 社がThe Bountiful Companyのコアブランドを買収
●CEA食品安全連合、施設内栽培の葉野菜向け食品安全認証プログラムを発表
●フランスのANSESがビタミン・ミネラル摂取基準値の更新に動く
●アジアの通販サイト上のオメガ3商品19件のうち約半数で内容とラベル表示に食い違い
●タイ、韓国、中国の食品・栄養補助食品分野における規制の進展

[今号のハイライト]
Nestlé 社がThe Bountiful Companyのコアブランドを買収

[2021/4/30] [nestle.com]

Nestlé 社は、同社と投資会社のKKR社は4月30日、The Bountiful Company(旧Nature’s Bounty Co./ NBTY)のコアブランドを57.5億USドルで買収する契約を締結したことを発表した。

The Bountiful Company(以下Bountiful Company)は、栄養およびサプリメント市場で世界ナンバーワンの企業である。
この買収には、高成長ブランドのNature’s Bounty®、Solgar®、Osteo Bi-Flex®、Puritan’s Pride®、および同社の米国における自社ブランド事業が含まれる。これらのブランドはNestlé Health Science社に統合され、これにより同社はビタミン、ミネラル、サプリメント部門での世界的なリーダーとなる。この取引は2021年の後半に完了する予定であるという。

なお、Bountiful CompanyのスポーツおよびアクティブニュートリションブランドであるPure Protein、Body Fortress、MET-Rx、Dr. Organicおよび、カナダの店頭販売(OTC)事業は、今回の取引には含まれない。
Nestlé Health Science社のCEO、Greg Behar氏は、「この取引により、私たちは地理的成長の大きな機会を提供しながら、米国の量販店、専門小売店、eコマース、およびダイレクト販売における業界のリーダーとしての地位を確立することになる」と述べている。

(会員向けニューズレター「GNGグローバルニュース2021年5月12日号」より抜粋)

 グローバルニュートリション研究会の会員企業の皆様は、会員ページで最新記事から過去10数年分のバックナンバーまですべての記事を読むことができます。

会員の方はこちら お問合せはこちら


グローバルニュートリション研究会とは?

世界中のニュートリションに関する情報の洪水の中から価値ある情報を厳選し、タイムリーに提供する、日本で唯一のサービスです。

単なる情報ではなく、これまで、弊社が関わった600以上のプロジェクトから得た経験や知見もお伝えしています。

ご多忙の皆様が、業界動向を短時間で把握できますよう、お役に立てることができましたら幸甚です。

グローバルニュートリション研究会について

 

最近の記事

CONTACT

健康・栄養産業におけるプロジェクトのご相談は
お気軽にお問合せください。

  • TEL:03-5944-9813
  • E-mail:info@global-nutrition.co.jp

お問合せフォーム

PAGE TOP