こんにちは、GNGの和泉です。

クリスマスから年末年始にかけ、多くの人が集まるイベントが続く時期となりました。
しかし、欧州各国ではCOVID-19の感染者数、死者数が大幅に増加していることから規制を強めており、寂しいクリスマスとなりそうです。

ニュースで報道されている通り、クリスマスシーズンは緩和策をとる予定だった英国も規制が大幅に見直されました。
この発表後の世論調査では、78%の人が新ルールに則ってクリスマスの予定を変更すると答えており、ルールを破ると答えたのは11%にとどまったそうです。

ドイツは12/16~1/10まで、イタリア全土は12/24~27、12/31~1/3、5、6の計10日間がロックダウンになり、スイスも州ごとに多少の緩和策は取られるものの、基本的に12/22~1/22までテイクアウト以外の飲食店、美術館、映画館、動物園、植物園等の文化・レジャー施設も閉鎖、スキー場は制限付きオープンとなるとのことです。


さて、これまでも様々な2021年のトレンド予測発表されていますが、米国最大の大手スーパーマーケットチェーンKrogerも「2021年を牽引する食品トレンドTOP7」を発表しました。

米国も欧州と同様、多くの州で外出制限措置が導入されているため、その現状を反映したトレンド予測となっています。
そしてやはり目を引くのはサステナビリティに対する関心の高さです。
日本でも浸透しつつありますが、まだまだ欧米とのギャップを感じます。

第1位 将来性を考えた食品
バイオハッキングが加速し、消費者は、免疫の健康、腸と脳の健康、エネルギーレベルとストレス管理に関するベネフィットがある食品を求める。

第2位 快適さ
消費者は自宅で簡単に調理可能な、味の良いコンフォートフードを求める。ストレスに対処するため、気分転換として料理をする消費者が増加している。

第3位 ケトタリアンフード
「ケトタリアン(ketotarian)」ダイエットとは、簡単に言うと、プラントベースのケトダイエットのこと(例として脂肪分をオリーブオイルやナッツなどから摂り、タンパク質をプラントベースにすることで、より多くの野菜を摂取する)。消費者はプラントベース食品における選択肢の拡大を期待している。

第4位 自宅でグローバルフレーバーとお気に入りのレストランの味
Krogerのデータ分析によると、買い物客の60%以上が自宅での料理に多くの時間を費やしているという。日々のルーティンを盛り上げるため、自宅で旅行先やレストランの食事を再現する傾向が強まるだろう。

第5位 キノコマニア
2021年は「キノコの年」になると予測している。キノコは抗酸化物質、ビタミン、ミネラル豊富で旨味がある。プラントベースプロテインや、調味料、スパイス、シーズニングなどのさまざまな新商品でキノコが主役になるだろう。

第6位 地球環境
プラントベースおよびプラントブレンド肉、サステナビリティを意識したパッケージ製品などを含む、カーボンフットプリント(二酸化炭素排出量)を削減するエコフレンドリー製品が増加するだろう。

第7位 新鮮なイノベーション
涙が出ない玉ねぎから、店内での水耕栽培、農産物の貯蔵可能期間を延ばすプラントベースコーティングまで、より多くの革新的なソリューションが登場する。

(株)グローバルニュートリショングループ 和泉 美弥子

この記事について

GNGでは、会員向けに世界各国の健康・食・栄養に関するニュースをセレクトし、日本語に要約したものを月に2回、ニューズレター「GNGグローバルニュース」として配信しています。

本日配信したグローバルニュースでは、GNC China、中国でNMNサプリメントを発売、食品・飲料、サプリメント分野の2021年トレンド予測:FMCG Gurus調査、Natural Grocersによる、2021年の栄養トレンドTOP10、など13の記事を取り上げています。

この記事では、その会員向けニューズレターの一部を抜粋してご紹介させていただきます。

……グローバルニュートリション研究会 会員企業様は、会員サイトにて、すべての記事をお読みいただけます。

会員の方はこちら お問合せはこちら

■GNGグローバルニュース 2020年12月23日号 トピックス

●食品・飲料、サプリメント分野の2021年トレンド予測:FMCG Gurus調査
●Natural Grocersによる、2021年の栄養トレンドTOP10
●中国で急成長する美白、アンチエイジング、水分補給、ヘアケアサプリメント
●11月の米国オンライン食料品売上高が80億ドル超
●高齢者と若年者の間でサステナビリティ、倫理などへの関心のギャップ
●Chobaniは免疫の健康を訴求する機能性ヨーグルト、砂糖ゼロのオートミルク製品を新発売
●腸内細菌叢の構成は活性型ビタミンDの濃度に関連
●ビタミンDは腸内でのカルシウム吸収に重要な役割を果たす
●2020年、NutraIngredients-Asiaで最もよく読まれた栄養研究TOP10
●口腔微生物叢がアスリートのパフォーマンス向上に大きな役割を果たす可能性
●進行中のCOVID-19に関連するオメガ3研究
●フィッシュオイルサプリメントは悪玉コレステロールを上昇させない:新しい研究で判明
●GNC China、中国でNMNサプリメントを発売

[今号のハイライト]
GNC China、中国でNMNサプリメントを発売

[2020/12/14] [nutraingredients-asia]

GNC China社は今月、GNC初のニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)サプリメントを中国と米国で同時に発売する。

NMNは2~3年前から米国や日本で人気の成分で、中国でのNMNサプリメントの需要は今年7月から大きく増加、すでにDoctor’s Best、Gene Harbour、 EZZなどのブランドが成功している。

NMNおよびニコチンアミドリボシド(NR)は、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)の前駆体と言われており、NDAは様々なエネルギー代謝に関与する重要な補酵素である。米国GNC社は、Source Naturalsブランドでニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH)サプリメントを販売している。

GNC China社は今後、多くのNMNサプリメントの販売を計画している。同社は脳の健康を改善する上で相乗効果を発揮する可能性のある、NMNおよびピロロキノリンキノン(PQQ)やレスベラトロールといったその他成分を組み合わせた新製品を、来年半ばに発売する予定であるという。

同社はまた、NMNサプリメント市場を規制するための基準を設定することを目的とした新同盟組織Tmall Global NMN Merchant Allianceのメンバーでもある。

GNC China社では動物実験のほかに、年齢ごとに最も効果を発揮するNMNの用量を調査するため、NMN製品を使用したヒト臨床試験を開始している。

(会員向けニューズレター「GNGグローバルニュース2020年12月23日号」より抜粋)

 グローバルニュートリション研究会の会員企業の皆様は、会員ページで最新記事から過去10数年分のバックナンバーまですべての記事を読むことができます。

会員の方はこちら お問合せはこちら


グローバルニュートリション研究会とは?

世界中のニュートリションに関する情報の洪水の中から価値ある情報を厳選し、タイムリーに提供する、日本で唯一のサービスです。

単なる情報ではなく、これまで、弊社が関わった600以上のプロジェクトから得た経験や知見もお伝えしています。

ご多忙の皆様が、業界動向を短時間で把握できますよう、お役に立てることができましたら幸甚です。

グローバルニュートリション研究会について