食品・サプリメントメーカー商品開発担当者向け
「機能性表示食品・届出動向レポート」提供開始
〜特産物の機能性表示で、各地の地方創生プロジェクトにも寄与〜

健康食品・自然食品・サプリメント業界に特化したコンサルティング会社、㈱グローバルニュートリショングループ(東京都豊島区・代表:武田 猛 以下、GNG)は、2019年11月1日より会員企業向けに「機能性表示食品届出動向レポート」の提供を開始しました。

2015年4月にスタートした機能性表示食品届出制度では、これまでに2,200点を超える届出がされています(2019年10月30日現在、撤回届が出ている商品は除く)。地域ならではの特産物を科学的に分析し、機能性表示食品として届け出て地元の商業を活性化させるプロジェクトも各地で話題です。

届出された情報は、消費者庁ホームページで誰でも閲覧できます。しかし日々蓄積され更新されていく膨大なデータ量を前に、商品開発に役立つ情報をピンポイントで選び出すことは決して容易ではありません。

そこでGNGでは、2019年12月2日より会員企業向けに、定期的に情報収集・整理した「機能性表示食品届出動向レポート」を作成しました。

◎本レポートに含まれる情報は以下の通りです。

  1. 機能性表示食品一覧
  2. 企業別、成分別、ヘルスベネフィット別 概要
  3. 届出された表現集(2019年4月分まで)
  4. エビデンス集(2019年3月分まで)
  5. 届出撤回リスト

    情報は「定点観測」することによってトレンド(傾向)をつかむことができ、そこで初めて中長期的なビジネス戦略に活用することが可能です。これらの整理された情報により、これから機能性表示食品の届出を行う事業者は、過去の事例を紐解きながらより適切な届出をスムーズに行うことが可能になります。

    GNGではこれからも、情報の洪水の中から価値ある情報を厳正、タイムリーに提供し、健康食品業界の健全な発展を支援します。その結果、国内のみならず、全世界の豊かな健康生活に貢献します。

    ▼機能性表示食品届出制度とは?

    事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です(「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など)。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。

    ただし、特定保健用食品(トクホ)とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

    消費者庁のホームページにて、機能性表示食品に関する情報が公開されています。

    ▼グローバルニュートリション研究会について

    企業規模を問わず一社あたり月額3万円(税別)の会費のみで「情報配信サービス(海外・国内)」、「個別無料コンサルティング(年4時間まで)」「展示会視察レポート」等を提供しています。

    グローバルニュートリション研究会について

    お試し入会は無料

    情報配信サービスは、初月無料にてお試しできます(同業他社・個人の方からのお申込は無効です)。
    お試し期間中も、今回スタートした「機能性表示食品届出動向レポート」を無料にて入手可能です。

    ◎本プレスリリースのPDFファイルはこちら

    お問合せフォーム