機能性表示食品制度へ対応するための要件

機能性表示食品制度へ対応するため機能性関与成分に関する必要条件は以下のとおりです。
まずは該当商品の機能性関与成分について5つの要件を確認しましょう。

  1. 機能性関与成分の明確化又は、エキス等の条件に合致
  2. 作用機序が考察できる事
  3. 安全性の確認ができる事
  4. 機能性関与成分の同等性の考察が可能な事
  5. 機能性関与成分、又は、指標成分の量に関する規格*
    *最終製品で分析できること

GNGが主催する機能性表示食品制度勉強会を受ける事で、〇〇出来るようになります。 指導員養成講座講師 を長年務め、 「機能性表示食品復旧推進協議会」 会長でもある弊社代表の武田が講師を務めます。

また、コンサルティングもお請けいたします。

届出検討から届出完了までの流れ

届出検討から届出完了までの流れを説明します。大きく分けて6つの項目があります。特に重要なのは届出をしてから消費者庁とのやり取りです。

届出の検討

届出の検討では、自社商品は届出可能か?前頁の要件を満たすか?安全性、機能性の情報は十分あるか?分析結果はあるか?などを確認しましょう。

届出の準備

次に、届出の準備をします。臨床試験(ヒト試験)または研究レビューの実施、機能性表示の検討、生産・製造関連情報の収集、規格値の設定、商品仕様決定をします。

資料のご請求やお問い合わせはこちらから