高まるボーンブロスへの関心

昨日の午前中、Natural Products Expo West 2020の延期が正式に発表されました。

今日、出発予定でしたので、大急ぎで航空券やホテル等のキャンセルをしました。新しいトレンドを感じる絶好の機会でしたが、中止ではなく延期ですので、少しお預け、状態です。夏前には開催される予定とのことですので、追って予定をお伝えしたいと思います。

3年前のNatural Products Expo West 2017で目立ったのは、プロテイントレンドに乗る形で、ボーンブロススープでした。

ブロススープとは?

ボーンブロススープとは、牛、豚、鶏の骨を野菜やスパイスと共に長時間煮込んで取ったスープのことで、いわゆる「だし汁」です。

米国では、2014年頃から徐々に認知され始め、2017年には大きな現象として現れていて、新たなプロテイン摂取源として新商品多数発売されていました。

高プロテイン関節の健康肌・髪・爪・骨の健康整腸免疫機能デトックス代謝の促進、など、様々なヘルスベネフィットにより、ブロススープへの関心が高まっていました。

展示会場にも多くの商品が展示されていました。

NPEW2017に出品されていたボーンブロススープの商品例

「ANCIENT NUTRITION 」プロテイン20g含有 、パレオフレンドリー 、グルテンフリー、乳フリー、大豆フリー、グレインフリー、ナッツフリー、Non-GMO

シナモン・アップル、ターメリック、チョコレートなどのフレーバーがある

◆ビーフ:プロテイン7g含有、USDAオーガニック認証 ◆チキン:プロテイン11g含有、Non-GMO 、グルテンフリー、食塩無添加

プロテイン9g含有 、USDAオーガニック認証 、パレオフレンドリー 、グルテンフリー、乳フリー、大豆フリー、小麦フリー、イーストフリー、食塩無添加。レモングラス入り、生姜入りなどがある

(写真:Natural Product Expo West2017視察より)

ボーンブロスシリーズの5つのベネフィット

NNB2月号では、このボーンブロスが、ダイレクトマーケティングで成功しているOsso Good社ケーススタディが取り上げられています。

  1. ウェイトロス
  2. 関節
  3. 免疫力
  4. コラーゲン豊富
  5. 認知機能

5つのベネフィットを訴求しています。

昨年2月にはOsso Good Caféをロサンゼルスでオープンしました。

ボーンブロスパレオフレンドリーでもあるので、パレオ認証を受けたり、
Whole30(ホール・サーティ)」認証も受けています。また、ウェイトウェルネスのトレンドにも乗っています。

次回、ロサンゼルスに行った際には、是非、Osso Good Caféにも足を運んでみたいと思います。

この記事について

GNGでは、会員向けに英国発信の食品・栄養・健康分野の業界専門誌【NNBマガジン(New Nutrition Business)】を日本語に要約し、定期的にお届けしています(月1回)。

毎月、最新情報を「定点観測」することで、ブランド戦略マーケット分析法規制新技術に関する世界の動向を素早くつかむことができます。

本日配信したNNBマガジンでは、新規ビジネスが成功する7つのルール再生型農業:食品の新開地ボーンブロスの5つのベネフィットで成功するのに一役買うビジネスモデルなどを取り上げています。

この記事では、その会員向けマガジンの一部を抜粋してご紹介させていただきます。

■NNB(New Nutrition Business)2月号 トピックス

●新規ビジネスが成功するための7つのルール
●「ハイブリッド」という新しい成長機会は全カテゴリーで植物の健康ハロー効果を活用させる
●トレンドとの結びつきが成功を左右することをスーパーマーケットの売上が示す
●新たな10年のための乳製品戦略
●再生型農業:食品の新開地
●穀類の革新者GoodMill社が未来の成長カテゴリーを開拓する
●オープンイノベーション:将来のパートナーシップの構築
●Tea bars:エナジーのムード視点
●ボーンブロスのブランドが複数のベネフィットで成功するのに一役買うビジネスモデル

グローバルニュートリション研究会の会員企業の皆様は、会員ページで最新記事から過去10数年分のバックナンバーまですべての記事を読むことができます。

会員の方はこちら お問合せはこちら

[今号のハイライト] ボーンブロスのブランドが複数のベネフィットで成功するのに一役買うビジネスモデル

米国Osso Food社、直販戦略により成功

直販という戦略が、カリフォルニア州ロスアンゼルスを拠点とするボーンブロス企業を軌道に乗せた。便利さを重視し、一連の食のニーズを満たすOsso Good社は今、小売で急成長しており、カフェも開店した。Ossoの躍進は我々に、多くの消費者が単にプラント由来以上のものを望んでいるということを思い出させる

食は薬であるという信念

2015年創業のOsso Good社は、食は薬であるという信念に基づいており、特にボーンブロスが健康全般に大きく寄与していると考えている。

同商品は複数のベネフィットを訴求し、またWhole30(ダイエット)やパレオの認証済シリーズもある(写真)。2018年3月には、パレオ認証を受けたボーンブロスと野菜入りスープ(340ml)も発売している。

販路は主にウェブサイトからの直販で、定期購入による手軽さを提供している。Whole Foods等でも購入可。

自己免疫プロトコルダイエット(AIP)向けや漢方薬入りシリーズも展開する他、ゼラチンやコラーゲンが豊富なため、関節や肌の健康に言及することも可能である。

本物であることの価値

Osso Good社は、小バッチ生産と素材の品質に誇りを持っているが、需要が増加した際に条件を満たすパッカーが見つからなかったため、自前の業務用厨房を作りUSDAと地方自治体の承認を得た。

小売からフードサービスへ

オンライン顧客の獲得と小売店での存在感を確立した後の2019年2月、より多くの人々にボーンブロスを知ってもらうため、Osso Good Caféを開いた。開店より1年が経過し、同店はYelpやGoogle等のウェブサイドで高レビューを獲得しているとはいえ、Osso Good社は現時点ではフードサービスより小売を重視し、引き合いのある店舗での販売開始を優先している。

本シリーズのボーンブロスは全15種類(ビーフ、ターキー、野菜等)で、1回量480mlの冷凍パウチで販売している

(会員向けニューズレター「NNBマガジン2020年2月号」日本語要約版より抜粋)

【NNB(New Nutrition Business)】とは

NNB(New Nutrition Business)」とは、食品・栄養・健康の分野で読者の75%が企業の経営トップである、英国発信の業界専門誌です。

ブランド戦略、マーケット分析、法規制、新技術に関する世界の動向を、日本語の要約付きでお届けしています(月1回、11月&12月は「10キートレンド」として合併号を発行)。

NNBを日本語で読めるのは、弊社が主宰するグローバルニュートリション研究会だけ

会員は、過去10数年分のバックナンバーを英語と日本語の両方で入手可能です。

*株式会社グローバルニュートリショングループは、New Nutrition Businessの日本におけるパートナー企業です。

※ グローバルニュートリション研究会とは?

世界中のニュートリションに関する情報の洪水の中から価値ある情報を厳選し、タイムリーに提供する、日本で唯一のサービスです。

単なる情報ではなく、これまで、弊社が関わった600以上のプロジェクトから得た経験や知見もお伝えしています。

ご多忙の皆様が、業界動向を短時間で把握できますよう、お役に立てることができましたら幸甚です。

会員の方はこちら お問合せはこちら

The following two tabs change content below.
アバター
18年間の実務経験と16年間のコンサル経験を積み、34年間一貫して健康食品ビジネスに携わる。国内外600以上のプロジェクトを実施。「世界全体の中で日本を位置付け、自らのビジネスを正確に位置付ける」という「グローバルセンス」のもとに先行する欧米トレンドを取り入れたコンセプトメイキングに定評がある。世界各地にネットワークを築き上げ、情報活用サービス「グローバルニュートリション研究会」主宰。食品会社、化粧品会社、製薬会社の健康食品部門に対して、商品開発・マーケティング・海外進出などのコンサルティングを行っている。人が幸せに生きるためには健康が第一である。健康食品産業は「幸せ創造産業」である、という信念のもと、クライアントの成功を通じ、消費者に支持される業界を目指し、業界で働く人すべてが自分の仕事に誇りと自信をもてるようにしたいという想いから、業界健全化活動にも取り組んでいる。