健康産業流通新聞9月12日号で記事として取り上げて頂きましたが、
9月5日に「機能性表示食品普及推進協議会」が発足しました。
規約には「機能性表示食品制度の普及推進に関する活動を行い、もって
農林漁業等の産業の振興及び国民の健康増進に寄与することを目的と
する。」と記載されています。

協議会の設立メンバーは、
(有)健康栄養評価センター 代表取締役 柿野 賢一さん、
野菜で健康研究所(株)   代表取締役 中田 光彦さん
そして、弊社代表・武田 猛 の3名です。

実はこのお二人とは、協議会の事務局をお願いする公益財団法人食品等
流通合理化促進機構(食流機構)さんが農林水産省から委託を受けた事業で
平成27年度、28年度、29年度とご一緒しました。

平成27年度の事業では全国12か所で講演・相談会、平成28年度は全国
8か所で講演・相談会、そして平成29年度は「機能性表示食品届出指導員」
養成講座を東京と大阪で行いました。

残念ながら本年度は農水省の予算が出ず、これまでの活動を継続することが
困難になりました。そこで、これまでの成果を引き継ぐため、そして新たな取り
組みをするために、協議会を立ち上げることになりました。

昨年度は、届出指導員は公的機関の方を対象としていましたが、今後は、
企業の方も届出指導員の資格を取ることが可能になりました。
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

設立メンバーの関わった届出、相談は、数えたことはありませんが、恐らく、
500件は下らないと思います。

これらのノウハウを共有し、機能性表示食品の普及を進めていきたいと考えています。

 


本号では、本日現在(9月11日更新)の
機能性表示食品届出情報を整理してみました。

(届出情報の詳細が必要な方は、お気軽にお問い合わせください)

本日現在、機能性表示食品の届出件数2,156件(届出撤回を除く)、
トクホの2倍となっている。

更に、届出事業者は、
トクホ許可企業153社に対して4倍の625となっている。

機能性表示食品制度は、
アベノミクスの規制改革の流れの中で生まれてきたが、
トクホは費用と時間がかかり、
大手企業しか利用できない制度であると指摘され、
中小企業でも利用できる制度、という目的もあった。

その意味では、十分に目的を果たしつつある。

私も地方企業の届出をサポートしてきたが、
決して楽ではないが、十分に対応できる制度であると思っている。

今では各自治体が届出を支援する独自の制度を設け、
地元の企業をサポートしている。

特に、生鮮品や天然物を原料とする食品は……

……続きは、グローバルニュートリション研究会会員サイトにてお読みいただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
GNGニューズレター 2019年9月17日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●アサヒグループ食品、尿酸値が高めの人に向けた機能性表示食品を発売
●日清ファルマ、尿酸値が高めの人に向けた機能性表示食品を発売
●サントリー食品、特定保健用食品のコーラ飲料「PEPSI NEXII(ペプシ ネックスツー)」を発売
●TPCマーケティングリサーチ、乳酸菌関連商品市場について調査結果を発表
●健康食品受託製造市場、1,600億円規模に~矢野経済研究所
●メロンや魚など生鮮食料品の「機能性表示食品」 少し高くても購入する人はどれくらい?
●日本ケロッグ、味の素とシリアルに関する総発売元契約を解消することで合意
●植物性たんぱく質の摂取割合が高い人ほど低い死亡リスク
●抹茶摂取による認知機能改善の脳内メカニズム検証~伊藤園・理化学研究所
●キューサイ、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質を同時摂取すると効率的に吸収することを確認
●腸内細菌が食用油に含まれる多価不飽和脂肪酸を代謝し、宿主の肥満を防ぐことが判明
●厚労省、「栄養サミット2020」を機に新たな栄養政策

グローバルニュートリション研究会会員様限定記事となります。

※ グローバルニュートリション研究会とは?

世界中のニュートリションに関する情報の洪水の中から
価値ある情報を厳選し、
タイムリーに提供する、日本で唯一のサービスです。

単なる情報ではなく、これまで、弊社が関わった数多くのプロジェクトから得た経験や知見もお伝えしています。

過去2週間に発売された新製品情報、
マーケット情報企業動向行政の動きなどを纏め、
GNG独自の分析・洞察と共にお送りします(隔週配信)

ご多忙の皆様が、業界動向を短時間で把握できますよう、お役に立てることができましたら幸甚です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グローバルニュートリション研究会は、
この様な方におススメのサービスです。

✔ 海外のトレンドが知りたいが、英語が苦手な方

✔ 情報収集・分析する時間が無い方

✔ 情報の活用方法がわからない方

✔ 競合他社の動向を分析したい方

✔ 他社とは違う、売れる健康食品を開発したい方

✔ 欧米健康食品の最新トレンドを先取りして、商品開発に活用したい方

✔ 他社に先駆けて、時代を先取りした新規性の高い商品を開発し、マーケットリーダーを目指したい方

情報配信サービスのほか、年間4時間まで無料でご相談いただける「会員特別サービス」もご用意しております。

グローバルニュートリション研究会の詳細は、こちらからご確認ください。

お問合せフォーム 入会申込みフォーム 会員の方はこちらから

※社内での説明が必要な場合は、訪問してご説明をさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

The following two tabs change content below.

岡本 千賀子

最新記事 by 岡本 千賀子 (全て見る)