機能性表示食品制度が普及することで、その存在意義が問われているトクホ制度ですが、消費者庁は「疾病リスクの低減に関する表示に係る調査事業」の入札公告を公表しました。そこで、今号と次号で海外の疾病リスク低減表示の概要をご紹介しようと思います。

CODEXでは疾病リスク低減表示を「疾病または健康に関連した状態の発症リスクの低減」と定義して言います。米国のように国が規格基準を作成し自由に表示をさせている国もあれば、EUのように個別審査による許可制度をとっている地域もあります。

今後、疾病リスク低減トクホの範囲を広がる可能性もありますが、海外を見る限り成分や疾病は限定的です。或いは米国のように食生活における位置づけを重視するような表示となっており、特定の商品の差別化にはあまりなっていません。

そうは言っても、日本は機能背表示食品制度という世界でもっとも透明性の高い制度を生み出しました。疾病リスク低減表示でも、世界に先駆けた制度が生まれるかも知れません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
GNGニューズレター 2019716日号トピック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●サンスター健康道場、「うまくつきあう60 kcal玄米スナック」を新発売
●ハウスウェルネスフーズ、機能性表示食品「C-1000 ビタミンレモンクエン酸」を発売
●味の素、「アミノバイタル プロ」「アミノバイタル」を発売以来初の全面リニューアル
●サントリーウエルネス、機能性表示食品「サントリー ロコモア」を通信販売でリニューアル発売
●横浜市と国立研究開発法人理化学研究所が協定を締結
●キリンビバレッジ、「ロカボ自動販売機」第1号を設置
●インテージ調査-食事法・食スタイルの実態2019
●サンスター、新規ペプチドLRAを含む酵素処理米ぬかに血圧降下作用を確認
●栄養成分表示の義務化、周知・普及を要請~消費者庁
●消費者庁、アレルギー表示の義務品目に「クルミ」、推奨品目に「アーモンド」

 

The following two tabs change content below.
18年間の実務経験と15年間のコンサル経験を積み、33年間一貫して健康食品ビジネスに携わる。国内外600以上のプロジェクトを実施。「世界全体の中で日本を位置付け、自らのビジネスを正確に位置付ける」という「グローバルセンス」のもとに先行する欧米トレンドを取り入れたコンセプトメイキングに定評がある。世界各地にネットワークを築き上げ、情報活用サービス「グローバルニュートリション研究会」主宰。食品会社、化粧品会社、製薬会社の健康食品部門に対して、商品開発・マーケティング・海外進出などのコンサルティングを行っている。人が幸せに生きるためには健康が第一である。健康食品産業は「幸せ創造産業」である、という信念のもと、クライアントの成功を通じ、消費者に支持される業界を目指し、業界で働く人すべてが自分の仕事に誇りと自信をもてるようにしたいという想いから、業界健全化活動にも取り組んでいる。