GNGでは、会員向けに世界各国の健康・食・栄養に関するニュースをセレクトし、日本語に要約したものを月に2回、ニューズレター「GNGグローバルニュース」として配信しています。

本日配信したグローバルニュースでは、40か国を超える17,000人の消費者調査から生まれた新原料2020年最新サプリメントトレンドビルゲイツが支援するプロバイオ企業によるアジアでの新研究FoodTech500ランキングなど14記事を取り上げています。

グローバルニュートリション研究会の会員企業の皆様は、会員ページで最新記事から過去10数年分のバックナンバーまですべての記事を読むことができます。

会員の方はこちら お問合せはこちら

消費者調査・Taste Tomorrowから生まれた新しい食品原料

本日のグローバルニュースでは、Product Newsとしてチョコレートベーカリーパティスリー食感をプラスするベルギー発の新規添加原料が紹介されています。

このニュース自体は一企業の商品について取り上げていますが、よく読んでみると「Taste Tomorrow」という消費者調査が出てきます。

これは同社が2011年から始まり現在は第三版を数えるグローバル調査で、40か国の17,000人を超える消費者から得られたデータです。

この中に10キートレンドならぬ「9トレンド」というものが出てきます。

Taste Tomorrowによる9トレンドとは?

Puratos社によるとこの9つのトレンドとは、

  • Taste(味)
  • Health(健康)
  • Freshness(新鮮さ)
  • Craft(クラフト)
  • Ethical Lifestyle(エシカルライフスタイル)
  • Transparency(透明性)
  • Ultimate Covenience(究極の利便性)
  • Next Level Experience(次のレベルのエクスペリエンス)
  • Hyper Personal(ハイパー・パーソナル)

となっています。

そのうちの一つである
Next Level Experienceにフォーカスしたのが、ユニークな食体験を生み出す「Smoobees」という添加原料になります。

味が王様なら、経験は女王(‘If taste is king,experience is queen’)」

テクスチャーは、新しい味です(‘Texture is the new taste’)」

といった表現は、非常にインパクトがありますね。

食を、単に味覚としてだけでなく食感をはじめとするあらゆる知覚経験としてとらえ、どのように消費者ニーズに応えていくか?

意識してより幅広い視点をもっていきたいものです。

■GNGグローバルニュース 2020年3月11日号 トピックス

●Natural Products Expo West 新型コロナウイルスの影響で延期
●米国の消費者は気候変動にやさしいプラントベース食の情報を求めている
●外食・フードサービスが提供するメニューのキーワードは「ヘルシー」と「エシカル」
●ミートフリー商品は依然として高い人気:英大手小売業6社のツイッター分析
●2020年サプリメントのトレンドを発表、ConsumerLab社
●地中海食事が腸内フローラを整え、健康な加齢に導く可能性
●野菜中心の健康的な食生活は若年男性の精子数改善に有効
●睡眠の低い質と不健康な食生活との関連を示唆:米研究
●茶飲料のトレンドは無糖・低糖:Nayuki社のデータ分析
●Puratos社の「Smoobees」が食感と口当たりの良さを提供、最新の消費者トレンドに応えて
●AgriFoodTech社がサステナブルへの貢献で「FoodTech500」で1位に
●ビルゲイツが支援するプロバイオティクス企業、シンガポールと香港で新たな研究に着手
●FDA、CBD規制整備に追加予算500万ドルを要請
●EHPM、フードサプリメント部門のイノベーション、成長を促進する規則改訂を提案

[今号のハイライト]
Puratos社の「 Smoobees 」が食感と口当たりの良さを提供、最新の消費者トレンドに応えて

[2020/2/27] [nutraingredients.com]

製パン、製菓、チョコレート部門で革新的な素材とレシピを提供するベルギーの原料供給業者Puratos社は、 舌の肥えた消費者に対応する新しい添加材料「 Smoobee s 」を新発売した。

同社が世界40カ国の消費者17 ,000人以上を対象に行った消費者調査Taste Tomorrowで示された9つのグローバルトレンドの1つに「次のレベルの経験Next Level Experience )」がある。

この調査から「 食事の目的は単に食べるだけではなく、食ベ物の味を楽しむ、その体験を味わうためのもの」 という考え方を持つ消費者が増え 、彼らは常に新しい体験を求めていることがわかる。

「 食について忘れられない体験は」という質問に対し、80%が「食べ物の味」と答えている。続いて、「食べ物の香り 」( 63 %)、「質の良さの割に手ごろな値段だったこと」( 63 %) 、「雰囲気」( 53 %)、「サービスの良さ 」( 49 %)などの順となった。
また、「口当たり、食感の良さ」を重視する消費者が増加していることも同調査で判明した。

「消費者にとって、食感は新しい味」 だと、同社CEOのDaniel Malcorps氏は説明する。

こうした消費者の要望に応えて生まれたのが「 Smoobees 」である。
同品は、複雑な食感、見た目、口当たり 、 味の新しい体験を届ける軟らかなビ ーズタイプの添加材料で、クリーミーな食感とコクのある味を商品に提供する。

添加技術や冷凍保存といった特別な設備を必要とせず、ドライフルーツ や チョコレートチャンクなどを添加した場合、長時間置くと生じるパサパサ感はなく、「 Smo obees 」は焼きたての、しっとりした食感が長時間味わえるという。フレーバ ーには、レモン、ブルーベリ ー 、キャラメルの 3種類が揃っており、欧州各国で販売されている。

(会員向けニューズレター「GNGグローバルニュース2020年3月11日号」より抜粋)

グローバルニュートリション研究会の会員企業の皆様は、会員ページで最新記事から過去10数年分のバックナンバーまですべての記事を読むことができます。

会員の方はこちら お問合せはこちら


※ グローバルニュートリション研究会とは?

世界中のニュートリションに関する情報の洪水の中から価値ある情報を厳選し、タイムリーに提供する、日本で唯一のサービスです。

単なる情報ではなく、これまで、弊社が関わった600以上のプロジェクトから得た経験や知見もお伝えしています。

【GNGグローバルニュース」について】

各国メディアより、GNGが抜粋した海外、アジア太平洋地域の最新の新製品、R&D、法規制、市場情報を隔週PDFでお届けします(隔週配信)

ご多忙の皆様が、業界動向を短時間で把握できますよう、お役に立てることができましたら幸甚です。

The following two tabs change content below.
18年間の実務経験と16年間のコンサル経験を積み、34年間一貫して健康食品ビジネスに携わる。国内外600以上のプロジェクトを実施。「世界全体の中で日本を位置付け、自らのビジネスを正確に位置付ける」という「グローバルセンス」のもとに先行する欧米トレンドを取り入れたコンセプトメイキングに定評がある。世界各地にネットワークを築き上げ、情報活用サービス「グローバルニュートリション研究会」主宰。食品会社、化粧品会社、製薬会社の健康食品部門に対して、商品開発・マーケティング・海外進出などのコンサルティングを行っている。人が幸せに生きるためには健康が第一である。健康食品産業は「幸せ創造産業」である、という信念のもと、クライアントの成功を通じ、消費者に支持される業界を目指し、業界で働く人すべてが自分の仕事に誇りと自信をもてるようにしたいという想いから、業界健全化活動にも取り組んでいる。