本日配信のGNGニューズレターでは、冒頭の巻頭言にて弊社代表・武田が、前号に引き続きEFSAガイダンスの概要について取り上げ、解説しています。

国内ニュースからは、帝人、機能性表示食品「発酵するナチュラルイヌリン」の届出が公表、メタジェンとホクト、きのこの免疫機能に関する共同研究を開始、アサヒ飲料、機能性表示食品「『アサヒ 十六茶プラス』やすらぎブレンド」を新発売といった話題を取り上げています。

この記事では、その会員向けニューズレターの一部を抜粋してご紹介させていただきます。

こんにちは、GNG武田です。

久しぶりに「機能性表示食品届出指導員養成講座」の講師をしています。
オンラインで開催していますので、都内の方でなくてもご参加して頂いています。
受講生8名の内、6名の方が関西の方です。
また、開催時間も17:00~と、通常業務への支障が少ない時間帯で開催しています。
そして、講座後は積極的にご質問を頂き、大いに盛り上がっています。

先週、2回目の「EFSAヘルスクレーム免疫機能ガイダンス勉強会」を開催しました。
密を避けて、少人数で開催していますが、こちらも活発なディスカッションで盛り上がりました。
この勉強会は、今週金曜日の開催で最後となります。今回も既に満席ですが、活発なディスカッションになると思います。

前号では、「EFSAヘルスクレーム免疫機能ガイダンス」の内容の一部をご紹介しましたが、今号はその続きです。
EFSAガイダンスをどのように機能性表示食品制度活用できるか、のご参考になれば幸いです。

(株)グローバルニュートリショングループ 武田 猛

この記事について

GNGでは、会員向けに過去2週間に発売された新製品情報マーケット情報を纏めGNG独自の分析・洞察をし、月に2回、「GNGニューズレター」として配信しています。

この記事は、その会員向けニューズレターの一部を抜粋してご紹介するものです。

GNGニューズレター(国内情報) 2020年9月16日 トピックス

<国内ニュース(要約)>

●アサヒ飲料、機能性表示食品「『アサヒ 十六茶プラス』やすらぎブレンド」を新発売
●クラシエフーズ、機能性表示食品の粉末飲料「すこやかサポート レモネード GABA/アップルエード FIBER」を発売
●7月分のドラッグストア売上、「健康食品」は2.2%増
●7月度の通販売上高、「健康食品」前年同期で6.6%増
●7月度の家計調査、サプリメント類は前年同月比23.2%増で4月から大幅増を継続
●QLife、COVID-19における免疫に関する実態調査を実施
●帝人、機能性表示食品「発酵するナチュラルイヌリン」の届出が公表
●日清製粉、オーストラリア・ARISTA社と高食物繊維小麦の輸入・販売に関する共同取り組みを開始
●メタジェンとホクト、きのこの免疫機能に関する共同研究を開始
●東北大と宮城県登米市、”ナトカリ比測定”が集団に対する高血圧対策に有効な可能性を確認
●東大、加齢によりプリン体代謝物が増加する原因は腸内細菌にあることを解明
●2019年度の危害情報件数、「健康食品」が3,911件で1位~国民生活センター

……グローバルニュートリション研究会 会員企業様は、会員サイトにて、すべての記事をお読みいただけます。

会員の方はこちら お問合せはこちら

[今号のハイライト]
帝人、機能性表示食品「発酵するナチュラルイヌリン」の届出が公表

[原文:caa.go.jp

帝人株式会社の機能性表示食品「発酵するナチュラルイヌリン」の届出が9月2日に消費者庁より公表された。

届出表示は「本品にはイヌリンが含まれます。イヌリンは、腸内のビフィズス菌による発酵・増殖に利用され、腸内フローラが良好になることで、便秘傾向者において排便回数・排便量を増やし、お腹の調子を整えることが報告されています。」としている。

「発酵」という言葉を届出表示に組み込んだ機能性表示食品は、本件が初めての例となる。

(会員向けニューズレター「GNGニューズレター2020年9月16日号」より抜粋)

グローバルニュートリション研究会の会員企業の皆様は、会員ページで最新記事から過去10数年分のバックナンバーまですべての記事を読むことができます。

会員の方はこちら お問合せはこちら

グローバルニュートリション研究会とは?

グローバルニュートリション研究会は、世界中のニュートリションに関する情報の洪水の中から価値ある情報を厳選し、タイムリーに提供する日本で唯一の健康食品ビジネスに特化した会員制サービスです。

単なる情報ではなく、これまでに弊社が関わった数多くのプロジェクトから得た経験や知見も惜しみなくお伝えしています。

ご多忙の皆様が、業界動向を短時間で把握できますよう、お役に立てることができましたら幸甚です。

グローバルニュートリション研究会について

The following two tabs change content below.
アバター
18年間の実務経験と16年間のコンサル経験を積み、34年間一貫して健康食品ビジネスに携わる。国内外600以上のプロジェクトを実施。「世界全体の中で日本を位置付け、自らのビジネスを正確に位置付ける」という「グローバルセンス」のもとに先行する欧米トレンドを取り入れたコンセプトメイキングに定評がある。世界各地にネットワークを築き上げ、情報活用サービス「グローバルニュートリション研究会」主宰。食品会社、化粧品会社、製薬会社の健康食品部門に対して、商品開発・マーケティング・海外進出などのコンサルティングを行っている。人が幸せに生きるためには健康が第一である。健康食品産業は「幸せ創造産業」である、という信念のもと、クライアントの成功を通じ、消費者に支持される業界を目指し、業界で働く人すべてが自分の仕事に誇りと自信をもてるようにしたいという想いから、業界健全化活動にも取り組んでいる。