GNGでは、会員向けに世界各国の健康・食・栄養に関するニュースをセレクトし、日本語に要約したものを月に2回、ニューズレター「GNGグローバルニュース」として配信しています。

グローバルニュートリション研究会の会員企業の皆様は、会員ページで最新記事から過去10数年分のバックナンバーまですべての記事を読むことができます。

会員の方はこちら お問合せはこちら

先日、米国のWhole Foods Marketが2020年の食のトップ10トレンドを発表しました。

Whole Foods Market が2020年食品10大トレンドを予測

健康・食・栄養分野のパーソナライゼーションはさらに重要トレンドに

ホールフーズマーケットの10大トレンドには登場しませんでしたが、個人的には、一人ひとりに寄り添う「パーソナライズ」が今後、一際重要なトレンドになると考えています。

医療の現場で一人ひとりに合わせた治療や療法があるように、健康・栄養・食品はさらに個々のライフスタイルを考慮した(パーソナライズ化された)方向へと進んでいきます。

先月のアメリカ西海岸出張での店舗視察の際には、Whole Foods Marketのような小売店舗にもその兆候は現れ始めていると感じました。

GNGでは、会員向けに世界各国の健康・食・栄養に関するニュースをセレクトし、日本語に要約したものを月に2回、ニューズレターとして配信しています。

本日配信したグローバルニュースでは、この「パーソナライズ」「パーソナライゼーション」トレンドに関する記事が2つあります。

■グローバルニュース 2019年11月12日号 トピックス

●ライフスタイル医療におけるパーソナライズド・ニュートリション、7年で大いなる躍進
●BENEO社、新素材でんぷんで消費者のクリーンラベル商品への高まる要望に対応
●次のスポーツニュートリショントレンドはリアルフード、食品産業アナリストの分析
●「プラントベーストレンドを牽引するのはフレキシタリアン」、ドイツ乳製品メーカーElsdorferが語る
●GNC社、パーソナライズドニュートリションサービスパッケージ「GNC4U」を販売
●塩の過剰摂取が認知機能障害リスクを高める可能性、マウス実験
●海洋性オメガ3脂肪酸供給源、カイアシの環境に優しい収穫新技術開発へ
●コーヒー豆のシルバースキンと殻は炎症軽減に有効である可能性
●アーモンド摂取が中高年女性のシワ改善に有効である可能性
●Gelita社、Geltor社と協同で摂取可能な非動物由来コラーゲンたんぱく質の商業化を目指す
●Nature Crops社、Braini LCC社とAhiflowerオイルの供給契約を締結
●スタートアップのFFW社、大豆に代わる酵母由来プロテインを開発
●USDA、ヘンプ栽培に関する規制案草案を公表

[今号のハイライト]
ライフスタイル医療におけるパーソナライズド・ニュートリション、7年で大いなる躍進

[2019/10/16] [原文:nutraingredients-usa.com]

Personalized Lifestyle Medicine Institute(PLMI)による第7回コンソーシアムミーティングが米ワシントン州シアトルで開催され、多くの研究者、医師など健康・医療専門家が参加した。会場では、「ライフスタイル医療におけるパーソナライズドニュートリション」をテーマにエビデンスに基づく多くの講演が行われた。トピックには、「パーソナライズド医療へのシステムバイオロジーの応用」、「バイオマーカーの適用」、「医療へのパーソナライズドアプローチ」などが取り上げられた。招待者の一人、ストラテジストでジャーナリストのMarc Brush氏は、「このイベントが初めて開催された7年前、一つの可能性だったパーソナライズドニュートリションは、今や現実のものとなり、大きな前進を遂げている」と語った。同氏によると、パーソナライズド医療を進めるには遺伝子解析が重要で、パーソナライズド・ニュートリションにも深く関わってくる。

Albert-Laszlo Barabasi博士(ノースイースタン大学)は講演の中で、「1つの疾患に関わる遺伝子マーカーは1つだけではなく、複数の遺伝子が関わってくる」と語る。また、天文学で「ダークマター」と呼ばれる、観測不能な正体不明の物質がニュートリションにもあり、私たちが追跡できているビタミンやミネラルは0.5%しかない。栄養成分の効果の3分の2は、残り99.5%の正体不明物質に関連するという。そうした情報の解明が可能と考えられるのがGWAS(ゲノムワイド相関解析)であり、これからのニュートリション産業は、遺伝子やマイクロバイオーム研究者と深く関わっていく必要があるとしている。Brush氏は「パーソナライズドニュートリションを含めパーソナライズド医療はますます複雑化していく。それにつれて、膨大な量のデータが蓄積していくが、その複雑な情報すべてを分析、咀嚼、利用できる、科学的に洗練されたサプリメント企業が勝ち抜いていくのだろう」と推測した。

(会員向けニューズレター「GNGグローバルニュース2019年11月12日号」より抜粋)

[今号のハイライト]
GNC社、パーソナライズドニュートリションサービスパッケージ「GNC4U」を販売

[2019/10/17] [原文:nutraingredients-usa.com]

パーソナライズドニュートリションへの関心が高まる中、サプリメント販売の大手、GNC社は、消費者一人ひとりのライフスタイル、健康ニーズに合わせたサブスクリプション(定期購入型)サービス「GNC4U」の販売を開始する。同サービスには、登録者の遺伝子情報を提供する「GNC4U DNA Kit」(89.99ドル)が含まれ、その情報を基に個別に必要なサプリメント、ライフスタイルの状況に合わせたエクササイズプランなどを作成する。消費者は「GNC4U」サイトで登録すると、健康・栄養、体重管理などに関した無料のライフスタイルクイズが与えられる。この回答を基に、GNC社の科学者が必要なビタミンなどのサプリメント、エクササイズ、栄養プランを作成するが、その情報はすべて登録者のダッシュボードページからアクセスできる。このページから30日分のサプリメントパッケージを注文する。以後、パッケージは自動的に毎月配達される。サプリメントは個人の栄養の必要性によってさまざまだが、8種類のビタミンなどが1日1回、あるいは2回分に分けられている。Vitamin Shoppe社も類似した月額20ドルのサブスクリプションサービスを今年の9月に開始しており、消費者は詳細な質問に答えることでパーソナライズされたウェルネスプランが得られる。

(会員向けニューズレター「GNGグローバルニュース2019年11月12日号」より抜粋)

グローバルニュートリション研究会の会員企業の皆様は、会員ページで最新記事から過去10数年分のバックナンバーまですべての記事を読むことができます。

会員の方はこちら お問合せはこちら


※ グローバルニュートリション研究会とは?

世界中のニュートリションに関する情報の洪水の中から
価値ある情報を厳選し、タイムリーに提供する、日本で唯一のサービスです。

単なる情報ではなく、これまで、弊社が関わった600以上のプロジェクトから得た経験や知見もお伝えしています。

過去2週間に発売された新製品情報、
マーケット情報企業動向行政の動きなどを纏め、
GNG独自の分析・洞察と共にお送りします(隔週配信)

ご多忙の皆様が、業界動向を短時間で把握できますよう、お役に立てることができましたら幸甚です。