こんにちは、GNGの武田です。
NNBマンスリーレポート3月号日本語要約版をお送り致します。

今号の内容は次の通りです。

論説1:ブレンド商品はフレキシタリアンメニューにポジションを得ることができるか?
論説2:Beyond Meatの損失は増加
論説3:成功を収めたプロテイン戦略とは?
論説4:プロテイン戦略に必要な広角レンズ
論説5:ウェイトコンシャスな消費者はケトダイエットを求める
論説6:Probiが科学の商業化の模範であることを利益が裏付ける
論説7:サステナビリティはそれほどシンプルではない
栄養ケーススタディ:ビタミンDは免疫戦略で大きく差をつける?
プラントベースケーススタディ:腸の健康へのフォーカスを強めるシニア向け非乳製品飲料
調理済み食品ケーススタディ:味、ケト、そして利便性を推進するスタートアップの事例

論説1~4では、プロテインに関する内容となっており、プロテインへの関心の強さがうかがえます。そのような中で、ビタミンDのケーススタディに、かなり紙面をさいており、現在、ビタミンDがホットな話題となっていることがわかります。

昨年3月以降、GNGグローバルニュースでは、海外におけるビタミンDとCOVID-19との関連についての記事を数多くお伝えしてきました。

不思議に思うことが2つありました。

一つは、何故、日本発ビタミンDに関する研究報告がないのか?

もう一つは、Northwestern Universityの研究チームが、中国、フランス、ドイツ、イタリア、イラン、韓国、スペイン、スイス、英国、米国の病院、クリニックから入手した(2020年)4月20日時点のデータを統計学的に分析した結果を報告しましたが、何故、日本は含まれていないのか?

日本の疫学研究の現状や、国際的なネットワークから外れているのではないか、などと懸念を抱きました。果たしてこれはビタミンDだけに限った現象なのでしょうか?

16日(金)のポイント解説セミナーでは、ビタミンDについて、より広く解説したいと考えています。

(株)グローバルニュートリショングループ 武田 猛

【お知らせ】

毎月NNBマンスリーレポートのポイント解説セミナーオンライン開催しています。

NNBマンスリーレポートを定点観測することは、いち早くビジネスチャンスを見つけるための最適な方法だと思います。しかし、情報量が多く、じっくり読む時間のない方にとっては十分にご活用できないこともあるかと思います。

毎月定期的にみていくことで、10キートレンドもさら深く理解できるようになります。ご多忙の方も、60分1ヶ月分のポイントをつかんで頂き、ご自身のビジネスにご活用頂ければ幸いです。

【会員限定】無料オンラインセミナーの詳細はこちら(GNG研究会会員企業の方のみ申し込みできます)

ご不明な点はGNG研究会事務局へお尋ねください。

この記事について

GNGでは、会員向けに英国発信の食品・栄養・健康分野の業界専門誌【NNBマガジン(New Nutrition Business)】を日本語に要約し、定期的にお届けしています(月1回)。

毎月、最新情報を「定点観測」することで、ブランド戦略、マーケット分析、法規制、新技術に関する世界の動向を素早くつかむことができます。

本日配信したNNBマガジンでは、成功を収めたプロテイン戦略とは? 、ビタミンDは免疫戦略で大きく差をつける? などを取り上げています。

この記事では、その会員向けマガジンの一部を抜粋してご紹介させていただきます。

■NNB(New Nutrition Business)3月号  トピックス

今回、会員向けにお届けしたNNB日本語要約版のタイトルは以下の通りです:

●ブレンド商品はフレキシタリアンメニューにポジションを得ることができるか?
●Beyond Meatの損失は増加
●成功を収めたプロテイン戦略とは?
●プロテイン戦略に必要な広角レンズ
●ウェイトコンシャスな消費者はケトダイエットを求める
●Probiが科学の商業化の模範であることを利益が裏付ける
●サステナビリティはそれほどシンプルではない
●ビタミンDは免疫戦略で大きく差をつける?
●腸の健康へのフォーカスを強めるシニア向け非乳製品飲料
●味、ケト、そして利便性を推進するスタートアップの事例

グローバルニュートリション研究会の会員企業の皆様は、会員ページで最新記事から過去10数年分のバックナンバーまですべての記事を読むことができます。

会員の方はこちら お問合せはこちら

[今号のハイライト]

ビタミンDは免疫戦略で大きく差をつける?

どの企業も、免疫のヘルスベネフィットを有する商品の発売を考えている。エビデンスを有し、実際に機能する原材料のひとつが、ビタミンDである。そのためEuropean Food SafetyAuthority(EFSA; 欧州食品安全機関)は、ビタミンDを供給する商品に対し、クレームを許可している。

(会員向けニューズレター「NNBマガジン2021年3月号」日本語要約版より抜粋)

【NNB(New Nutrition Business)】とは

NNB(New Nutrition Business)」とは、食品・栄養・健康の分野で読者の75%が企業の経営トップである、英国発信の業界専門誌です。

ブランド戦略、マーケット分析、法規制、新技術に関する世界の動向を、日本語の要約付きでお届けしています(月1回、11月&12月は「10キートレンド」として合併号を発行)。

NNBを日本語で読めるのは、弊社が主宰するグローバルニュートリション研究会だけ

会員は、過去10数年分のバックナンバーを英語と日本語の両方で入手可能です。

*株式会社グローバルニュートリショングループは、New Nutrition Businessの日本におけるパートナー企業です。

※ グローバルニュートリション研究会とは?

世界中のニュートリションに関する情報の洪水の中から価値ある情報を厳選し、タイムリーに提供する、日本で唯一のサービスです。

単なる情報ではなく、これまで、弊社が関わった600以上のプロジェクトから得た経験や知見もお伝えしています。

ご多忙の皆様が、業界動向を短時間で把握できますよう、お役に立てることができましたら幸甚です。

会員の方はこちら お問合せはこちら

The following two tabs change content below.
アバター
18年間の実務経験と17年間のコンサル経験を積み、35年間一貫して健康食品ビジネスに携わる。国内外600以上のプロジェクトを実施。「世界全体の中で日本を位置付け、自らのビジネスを正確に位置付ける」という「グローバルセンス」のもとに先行する欧米トレンドを取り入れたコンセプトメイキングに定評がある。世界各地にネットワークを築き上げ、情報活用サービス「グローバルニュートリション研究会」主宰。食品会社、化粧品会社、製薬会社の健康食品部門に対して、商品開発・マーケティング・海外進出などのコンサルティングを行っている。人が幸せに生きるためには健康が第一である。健康食品産業は「幸せ創造産業」である、という信念のもと、クライアントの成功を通じ、消費者に支持される業界を目指し、業界で働く人すべてが自分の仕事に誇りと自信をもてるようにしたいという想いから、業界健全化活動にも取り組んでいる。